ブライダルローン審査に通らない理由は?私の体験談

ブライダルローン返済方法について

どの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

100万円程度は赤字になってしまうそうです。

招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうで残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物など数百万ものお金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務先や勤続年数などが記載された勤務証明書の提出が求められる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンといって、使途が限られているローンなので結婚式場や旅行会社などの請求書や見積書も必要となります。

既に支払ってしまっている場合はローン対象外になってしまう場合がありますので、支払う前によく確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

みずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが結婚式や新婚旅行にも使えるみずほ銀行多目的ローンがあります。

返済期間は最長7年、融資金額は最大300万円という条件で、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、又、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または利用していた人は申込対象者は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数は2年以上は必須で、前年度の税込年収は最低200万円以上必要となります。

ブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のようにブライダル専門のローンを用意している銀行もありますが一般的には多目的ローンや目的別ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、式場と提携している場合が多く、指定の式場で挙式をあげることが融資条件となっていることが多いです。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

ブライダルローンで1番かかるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?全国的にみて一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の15.1%を占めており2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用というものは挙式・披露宴のほかにもいろいろあり新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローン組む際に重要になるのが結婚式の費用

ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国平均は調査した専門誌やサイトによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンは結婚式のために融資を受けるという大義名分はあるのですが金融機関からお金を借り入れることに変わりないので、あらかじめシミュレーションをすることがとても重要です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金が300万円、ボーナス払いはナシ、金利は7%、毎月の支払を4万円で計算してみたところ、支払回数が100回になり、支払期間が8年3か月にもなるのです。

ご祝儀の収入で返済をしようと計画していても結婚式は赤字になるのが普通なので、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも想定した額のご祝儀を受け取れるとは限りませんから、当てにするのは危険です。

ブライダルローンを組む時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンといって、使途が限られているローンなので結婚式場や旅行会社などの請求書や見積書も必要となります。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローンの対象外になることがありますので、事前に確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った出費に関しては領収書や振込控えのコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

使途を結婚に関連する資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらず使い道に制限が課せられないフリーローンになります。

消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%でブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制が適用された場合は年収が750万円から1
050万円必要になる計算です。

若い人はそんな収入はないでしょうし、一生式が挙げられないんじゃ…と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行なら貸金業法は無関係となりますし信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されますので総量規制の対象外です。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。