ブライダルローン審査のが通らない理由件の本音の口コミ

ブライダルローン審査はバンクイックがおすすめ

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、さらに低金利である変動金利にすることもできます。

又、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していたという人であればさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

申込ができる人は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で完済時年齢が満71歳未満、勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

ブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式のほかにも新婚旅行や新居の購入費なども用途が認められています。

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利で融資を受けることが可能となります。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので二つには大きな違いがいくつもあります。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

申込手続きや審査に関してもブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンの場合、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられないというデメリットもあります。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円と銀行よりも高額で、しかもクレジット対応なので口コミ評価は良いようです。

キャッシングを利用している人はまずは、キャッシングの借入残高の確認をする必要があります。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

ブライダルローンは結婚費用に限定した目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行の旅行費や、新居に関する礼金敷金なども認められています。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が必要となり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

ブライダルローン審査で必要な書類は

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員の人や、楽天銀行に口座が持っている人ならば簡単に手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行から融資を受ける際に注しなければいけないことは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

つまり、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借入れがある人はブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

申込に必要な書類は本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類で融資実行後に、領収書など支払が確認できる書類を1か月以内に提出することが義務付けられています。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に通る必要があります。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも格段に審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

又、過去に自己破産を経験していたり複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式のほかにも新婚旅行や新居の購入費なども用途が認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があると金利が優遇されたり審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

一般的に住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで借り入れたお金を住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利でブライダルローンも住宅ローンも組むことができるのです。

ブライダルローンは結婚式のために借りるという大義名分はありますが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式や披露宴にかかる費用だけでも300万円はくだらないと言われていますのでまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金が300万円でボーナス払いは無し、金利は7.0%、毎月4万円という感じで計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月という結果に。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですそこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんのでご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

融資先に消費者金融を検討している人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行であっても無制限に貸してくれるわけではありませんし、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行の場合はというと、最大融資額は300万円なのですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。