ブライダルローン審査のが通らない理由のって本当?

ブライダルローンは変動金利?

楽天銀行ではブライダルローンを提供していて楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行から借り入れをする際に注意することは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

申込には本人確認書類、収入証明書などが必要となるほか、融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで返済期間は6か月から最長で84か月あり、融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、ブライダルプランでの借り入れを含めてオリコでの借入れ額の合計が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要になります。

また、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンというローンは結婚式のために借りる方が多いと思いますが融資を受けることには変わりませんので、事前にシミュレーションをすることがとても大切です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金が300万円、ボーナス払いナシ、金利7%、毎月4万円という数字で計算してみたところ、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月という結果に。

ご祝儀の収入を当てにしていても結婚式は赤字になるのが一般的で、300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですだったら100万円のローンを組めばいいのでは?と思うかもしれませんが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんのでご祝儀を当てにするのは危険です。

銀行のブライダルローンは目的別ローンというくくりに入っていることが多くリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

使途を結婚に関連する資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないためすべては用途が自由なフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

総量規制とは収入の三分の一を超える融資を禁止にした規制であり、消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制が考えると、年収が750万円から1
050万円必要になってしまいます。

若い人はそんな収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行なら貸金業法は無関係となりますしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

結婚資金と言うと挙式や披露宴などこだわればこだわった分大金が必要になります。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用などそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルは高くなっています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

ブライダルローン審査の時間はどのくらい

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますが100万円程度は赤字になってしまうそうです。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して頑張って100人招待できれば実際にブライダルローンをご祝儀を使って一括返済できたという人は全体の45%ほどで残りの55%は一括返済できなかったということですので、あてにするのはやめましょう。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物などこだわればこだわった分大金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や収入証明書類なども必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが一般的には多目的ローンや目的別ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止にした規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用は平均して250万円から350万円ですから総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、一生式が挙げられないんじゃ…と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外となります。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書が必要になり支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。