本当にブライダルローン審査の通らない理由は悪いのか?

ブライダルローン審査は低金利

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

300万円かかった結婚式を、ご祝儀で全額回収することは厳しいといわれており100万円程度の赤字がでてしまうのが普通です。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待者が70人だと、ご祝儀の総額は210万円で90万円の赤字になってしまいます。

頑張って100人招待できればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴を紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満など、返済能力が厳しそうな人が落ちていることが多いようです。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングローンと言う意味では共通していますが両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

まず、ブライダルローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンですがカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンでは3.0%から18.0%と高い金利に設定されているのです。

次に申込手続きや審査を比べてみましょう。

ブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは割と審査が簡単とされていて、即日融資も可能だったりします。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と大きいですがカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますが早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?全国的にみて一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の15.1%を占めており次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用というものは挙式・披露宴のほかにもいろいろあり新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

楽天銀行では目的型ローンブライダルというブライダルローンを提供していて楽天会員の方であれば簡単にオンライン手続きが可能です。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており月々の返済額は1万円からOKなので、無理のない返済を実現しています。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

そのため、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借金があるという場合はブライダルローンではあと200万円までしか借りられないのです。

申込には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になり

ブライダルローンの魅力は

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれるというのが最大の魅力でもあると思うのですがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。

毎月の返済内容は、まず1回の返済額を決めて、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長ければ長いほど利息の返済がかさみますのでなるべくなら返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができるのです。

もし、ブライダルローンの借入が御祝儀で賄えるのであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。

ご祝儀で返済しきれない場合は親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますがブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますがお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが大切です。

結婚式や披露宴にかかる費用だけでも300万円はくだらないと言われていますのでそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月という結果に。

ご祝儀をあてにしていても結婚式は赤字になるのが一般的なので、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは割と審査が簡単とされていて、即日融資も可能だったりします。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

結婚資金と言うと挙式や披露宴などこだわればこだわった分大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますので式以外にも百万程度はかかることが考えられます。

ブライダルローンは多額の資金を低い金利で融資してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルは高くなっています。

審査のポイントになるのは、借主に返済能力があるかということで本人確認書類の他に源泉徴収票や収入証明書類なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査結果によっては保証人を求められる場合があります。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?全国的にみて一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の15.1%を占めており次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますが約250万円から350万円程度のようです。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたが重なると出産費用や赤ちゃんをお迎えする準備などにもお金がかかってきますからプラス20から30万円多くなることを想定しておきましょう。