全国で働く看護師がもらえる給料は平均すると437万円ぐらいです。

しかし、国、市、県立の公立病院で働く看護師は、公務員という立場で仕事をしているため、年収の平均は593万円ほどです。

公務員として働く看護師は給料の上がる割合も民間病院と比べると高く、福利厚生にも恵まれています。

準看護師の場合、看護師と比べると平均年収が70万円ぐらい低いです。

看護師には、看護師の資格と言っても、看護師と准看護師の二つの免許が国家資格として存在しています。

一般的には、准看護師は、次のキャリアステージに進む為に、看護師の資格を取得することを目標にします。

准看護師と看護師を比較すると、専門知識はもちろんのこと、待遇の差も大きいのです。

看護師転職情報サイトの看護系のお仕事は、医療機関の求人の件数もとても多いのですが、それだけではなく一般的には公開されていない求人情報が多くあり、登録することで思いがけない好条件の転職先を紹介してもらえる事があるかもしれません。

担当コンサルタントの手厚いフォローも長所としてあげられているそうで、可能な限り細かなリクエストにも対応していただけるようです。

近年、日本においてはインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。

ですが、看護師国家試験の勉強をして仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国する必要があります。

勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、大変シビアであるようです。

多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係の難しさや交代制による不規則な勤務形態があります。

一般的に看護師の多くが女性なので、人間関係のもめごとが多い職場も多いのです。

夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。

転職し、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。

看護師資格を得るための国家試験は、年に1回実施されています。

看護師不足を問題視している日本にとって喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格の合格する率は90%前後と異常に高い水準をキープしている。

看護師の国家試験では、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定ラインをクリアできれば合格できちゃう試験です。

看護師になるための手段として、一般的に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。

学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。

他方、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習に多くの時間を割き、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。

3年間、看護専門学校へ通って、国家試験を受験する資格を得られるのです。

このルートで免許取得を目指す人がとても多いでしょう。

現実に病院で行われる実習が他の学校などよりも多いということもあり、就職した後もスムーズに仕事が行えるでしょう。

働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。

エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、細心の注意を払ってほしいところです。

もう一つ、薬のことも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、気をつけないといけません。

また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。

ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。

日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。

実際には勤めている現場で違うのです。

とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトに沿っての仕事になりますから、休日や出勤日が変則的なこともよくあります。

大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。

他の仕事と違い、看護師が職場で勤務する時間というのは、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。

それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児中であってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。

子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。

なお他業種同様、8時間勤務が基本です。

看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均年収という点では看護師の方が上なのだそうです。

看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく一定数以上の需要が常に見込まれるので、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という役得もあるようです。

ただ、良い面ばかりではありません。

高給取りなのは間違いありませんが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。

それぞれの病院によって勤務時間が長いことがあります。

人件費を節約するためにギリギリの人員でローテーションしているところが多いのだそうです。

看護師が常に疲れていて、医療ミスを起こしやすいというデータがあるので、就活の際には確認をするようにしましょう。

看護師の平均賃金は、あんなに激務である割には、高額ではないのが事実のようです。

そのため、いつもよりよい賃金をくれる職場を志望して転職に向けて活動している人がいます。

お給料が良い病院は、当然、人気で空きが出ないため、看護師専門の転職サイトなどを使って、転職のために活動している方も珍しくありません。

看護師は寝返りを打つのさえ困難な患者の体位交換や、一人で食事をとることのできない患者さんの介助、排泄の介助といった体力の要る仕事も非常に多いです。

また、その間でもナースコールが鳴ったりすれば、早急に対応しなければなりません。

さらに、入院生活を余儀なくされている患者が少しでも楽しい入院生活が送れるように考えることも看護師の仕事のひとつといえるのです。

関連ページ